舟木一夫Concert2018ツアーファイナル大阪(昼夜)

昨日の大阪の寒い事
そんな中会場となるフェスティバルホールへと電車は進む
昔乙女たちの熱気で始まる前から上昇気味・・・

自分も久しぶりの舟木さんのコンサートである
さ~て
始まるぞ
放射状に拡がるライトに浮かぶはかの有名な・・・と言いたくなるような
和服姿の舟木さんだ~
グレーっぽい羽織との組合せ小さな格子状の模様が入ってたような
襦袢の襟と帯が同色で心憎い・・
お好きな叙情歌から

 🎶初恋
  🎶京の恋唄
   🎶恋人形・・・と
大好きな曲が満載

後半では
おなじみの曲も何回聴いてもいいなぁ~なんて
夢んなか

初めて関西での披露となった曲
 作詞 西条八十八
 作曲 船村徹両先生
  「日本の四季」
14~5分の組曲
作品もさることながら舟木さんの声量に圧倒されつつ舞台に釘付けになってました。

いつ聴いても名曲と思う
「哀愁の夜」今回も
 🎶若さまかせに・・・と続きました・
幸せをかみしめつつあったたかい我が家に戻ると二人目の舟木さんが
迎えてくれました。

本日は舟木さんの誕生日ですね
おめでとうございます。
どうかこれからも無理をなさらぬ程度で我々ファンを楽しませてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント