舟木一夫 特別公演(大阪新歌舞伎座)12月4日

画像


画像


画像

昨日が初日の特別公演が始まった
今日は二日目
届いていたチケットをながめながら毎日待ち遠しく感じていた
今年になって仕事に復帰したものの時間が取れない
四勤に一度の公休は歌舞伎座通いになってしまっている
嬉しい悲鳴だが体が持ちこたえるのかが心配である。
合間に年賀状作成、年末の大掃除と来ている
はぁ~
ほんまに走りたくなってきた(苦笑)

舞台は「いろは長屋の用心棒」
原作 山本周五郎さん
いろは長屋の用心棒「松村信兵衛」様の舞台は
まさに
肩の凝らないスーッと入っていける内容である
今回の葉山葉子さんがコミカルにうつっていて新鮮な感じ
最初から長台詞の舟木さん
頑張ってはります。
この調子だと千秋楽はさぞや・・・・と
思ったりもしている

シアターコンサートは
どんな曲で迎えていただけるのか
期待がいっぱい
真っ白なスーツ姿に黒いシャツ
胸には赤いバラ
ペンダントも光っていつ見てもエエ~男はんである
 ♪くちなしのバラードからはじまり
  大好きな
 ♪哀愁の夜とつづく
 ♪
 ♪ 
 ♪・・・と数曲がながれ

舞がはじまった
林 啓二さんはじめ4人で童謡を主体とした可愛らしい踊りだ

一呼吸おいて舟木さん再登場
 ♪可愛い かわいい さかなさん・・・と
和服で(髭紬と言うのかな?濃いグレー))思わず笑ってしまう
 ♪京の恋唄
 ♪恋唄
私の大好きな曲のオンパレード
納得
納得・・・・と
堪能して会場まで送ってくれた相方の元に歩を進めた。
空気が澄んでいて清清しい哀愁の夜である


"舟木一夫 特別公演(大阪新歌舞伎座)12月4日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント